ねずみ対策として行うには三つの方法がある

ねずみの被害を予防する一番の方法はネズミが嫌う環境にすることです。

ネズミが人間の住居に侵入するのは食べ物を求めたり、安全で温かい場所に住むため、巣をつくって繁殖するため等の目的があるからです。
なのでネズミが嫌う環境の家にするために次のようなことを行います。
一つ目のねずみ対策が食べ物が手に入りにくい家にすることです。そのために食品は放置せず、必ず蓋つきの容器や密閉できる戸棚など野にしまします。



しまう容器は段ボールやビニール袋はかじられて、破ける可能性があるので、使用を避けます。


また仏壇の供え物や、ペットのえさの食べ残しも放置せず、必ず勝たずけるようにします。


二つ目のねずみ対策が巣材がなく、巣作りがしにくい家です。


人間の家に住み着いたネズミは、家の中から紙・布・ビニール・わら・木などを集めて巣をつくります。
これらを天井などの安全な場所に敷き詰めて巣をつくるのです。
なので食べ物と同様に巣の材料を与えないよう工夫することが大切になります。

NAVERまとめに関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

収納ケースを蓋のしまるプラスチックのケースにしたり、不要な紙類・布類は放置せずきちんと片付けるようにします。また押し入れやたんすなどは密閉してあるか確認し、隙間がある場合にはふさいでおきます。三つ目のねずみ対策として、入り込む隙間がない家にすることです。


ねずみは屋根の隙間やエアコンの排水ホース導入部、換気扇などから侵入してきます。

なので穴を防ぐために通気口には金網を貼る、小さめの穴や隙間にはスチールたわしを詰めてふさいだりします。



また換気扇などはパンチングパネルを表面に張り、エアコンの排水ホースの導入部には不燃性のモルタルやパテなどを埋め込みます。